CDRがジローナ県の中央政府代表庁を襲撃 スペイン国旗を捨てエステラーダ旗を掲揚

独立推進民間組織「共和国を守る会」(CDR)は1日、ジローナ県の中央政府代表庁に押し入り、掲揚してあったスペイン国旗を外し、独立の象徴であるエステラーダ旗を掲げたことが分かった。

報道によると、CDRのグループが押し入ったのは1日朝9時半ごろだったとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す