バルセロナ証券取引所前に独立派市民が座り込み

独立派市民グループがバルセロナ証券取引所前に座り込み、内部にいた起業家や労働者らが一時閉じ込められた。

座り込みから数時間後、モススダエスクアドロ自治州警察が到着、グループを解散させた。

しかしながら、取引所のドアを鎖でつなげたため、自治州警察がカッターで切断しなければならなかった。

また、このほかにカイシャ・バンク銀行前や、労働省前でも座り込みを始める。

あわせて読みたい

コメントを残す