独立派抗議グループと自治州警察が衝突 カラーボールで応戦

昨年行われたカタルーニャ州の分離独立を問う違法な住民投票1-Oで、投票を阻止するために国家警察(ポリシアナショナル)や治安警察(グアルディア・シビル)が市民に対し過剰な暴力行為を行っていた日及び違法な住民投票そのものの一周年を記念して、独立派市民らがサン・ジャウマ広場に集結、12時から抗議デモを行う予定であったが、一部の市民が近くのライエターナ通りなどに予定時間より早く広がったため、自治州警察が止めに入り、警棒で殴るなどし、市民らはこれに「ホーリー・フェスティバル」などで使われるカラーボールを投擲するなどして応戦した。

事故などに巻き込まれる恐れがありますので、日本人旅行者および在住者は不用心に近づかないよう気をつけてください。

あわせて読みたい

コメントを残す