スペイン経済 今週の主なニュース

  • 電気料金値下げのための発電税7%導入見送り

2012年国民党マリアノ・ラホイ前政権時代に承認された、電気料金値下げを目的とした発電税7%の導入をスペイン社会労働党(PSOE)ペドロ・サンチェス政権は断念した。 現在スペインの電気料金は高騰しており、今年3月では40.18ユーロだったのに対し、9月19日時点で1メガワット時75.93ユーロとなっている。

 

  • スペイン石油元売りCEPSAの株約25%が今年第4四半期に公開へ

スペイン石油元売りCEPSA社の株約25%分が今年の第4四半期にマドリード、バルセロナ、ビルバオ、バレンシア市場で販売されることが分かった。 これはアブ・ダビがCEPSA社の株を売りに出したため。

 

  • ディーゼル税の影響約3.3/月ユーロと試算

マリア・ヘスス・モンテロ財務大臣は、現在政府が検討しているディーゼル税の影響は、利用者に対し月に平均約3.3ユーロであると試算した。 このディーゼル税は、走行距離15,000キロ以上のものに対して課せられるが、タクシーや輸送業などは対象外。

 

  • カイシャ・バンクが保有するREPSOL社の全株(全体の9.36%)を販売へ

カイシャ・バンク取締役会が、保有するREPSOL社株(全体の9.36%)を放出することを決定。 販売は2019年第1四半期頃を目途としている。

 

  • ブラックストーンが不動産TESTA社の株50.01%を購入

1万以上の不動産を所有するTESTA Residencial社の株50.01%をメルリン・プロパティーズが、ブラックストーンのトロピック・レアル・エステート・ホールディング社へ売ることが分かった。 販売額は3億2120万ユーロ。 TESTAの保有する不動産の稼働率は91.4%で、年間8500万ユーロを売り上げている。

 

  • カルビーニョ経済相「増税をしなければならないとするなら、いまでしょ」

ナディア・カルビーニョ経済・企業相は、来年度予算に関し「増税しなければならないとするなら、今がその時だ」と語り、堅実なスペイン経済の成長を背景に2019年度予算で増税を実行することを示唆した。 これに対しBBVA銀行のフランシスコ・ゴンサレス頭取は「政府は支出を増やすべきではないし、増税もするべきではない。」とABC新聞に語っている。

 

  • スペイン中央銀行 スペイン経済回復幅はユーロ圏内で最低水準

スペイン中央銀行は21日、リーマンショックによる世界不況からの経済回復幅は、ユーロ圏内で最低水準であると発表した。

 

  • 今週IBEXが2.4%上昇 2018年で三番目の上げ幅

今週IBEXが2.4%上昇し、2018年で三番目の上げ幅を記録した。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください