バルセロナ市北部でスペイン国旗を張り被害届

カタルーニャ自治州警察は18日木曜日、青年ら7人を、バルセロナ市北部の公共の場にスペイン国旗を張ったとし、公序良俗違反の可能性があるとして身元を確認、4人に対し被害届が出されていたことが分かった。

自治州警察によると、18日木曜日午前1時頃、バルセロナ北部ボナノバ通りで7人の青年らがスペイン国旗を公共施設などに張り付けていたところを発見、3人は未成年であったため身元を確認するだけにとどまったが、成人4人に対しては通報されており、公序良俗違反の疑いがあるとのこと。

この件に関し在カタルーニャ州中央政府代表エンリク・ミリョは地元ラジオ番組RAC1で「これは各人の表現の自由を奪うもの。」と批判。

あわせて読みたい

コメントを残す