バルセロナで反乱・公的資金横領などの容疑者釈放を求め多くの人が抗議デモ

7月14日19時からバルセロナでカタルーニャ州の独立運動を扇動したとしてスペイン最高裁判所から反乱・公的資金横領・扇動などの容疑で逮捕拘束されている元政治家らの釈放を求め、独立推進民間組織が抗議デモを行う。 このデモ行進にはキム・トーラ州首相及び副州首相も参加予定。

抗議デモを呼びかけたのは独立推進民間組織Omnium Culturalとカタルーニャ国民会議(ANC)で、「拘置所でも難民でもなく、我々は家にいてもらいたい。」と呼び掛ける予定。

この抗議デモに参加するため、カタルーニャ州各地から多くのバスがチャーターされ、ラーメンダイニング遊があるバルセロナ市バレンシア通り一帯はチャーターバスが行列をなしており、参加者は相当数になる見込み。

追記 14日22時
バルセロナ市警察発表で11万人が抗議デモに参加

あわせて読みたい

コメントを残す