マリアノ・ラホイ不信任案可決 最大野党スペイン社会労働党(PSOE)ペドロ・サンチェス幹事長が新スペイン首相へ

スペイン下院議会は6月1日、最大野党スペイン社会労働党(PSOE)から提出された内閣不信任案を180票の賛成で可決、国民党(PP)マリアノ・ラホイ党首が首相を辞任し、最大野党PSOEペドロ・サンチェス幹事長が新首相に就任することが分かった。

スペイン最大規模の汚職事件「グルーテル事件」で、スペイン全国管区裁判所は元国民党党員および国民党への罰金刑などを受け、最大野党PSOEはスペイン内閣に対し不信任案を提出、賛成票180票を獲得し可決された。

賛成票の内訳は
PSOE 84票
ポデモス党 67票
カタルーニャ共和主義左翼(ERC)9票
PNV 5票
PDeCAT 8票
Bildu 2票
コンプロミス 4票
新カナリアス 1票

棄権票
カナリアス連盟(国民党派) 1票

反対票
国民党 134票
市民党 32票
UPN 2票
FORO アストゥーリアス 1票

この後、アナ・パストール議長(国民党)は不信任案の可決を国王に報告、憲法114・2に基づきマリアノ・ラホイ首相は辞任の報告を国王に告げ、ペドロ・サンチェス幹事長が新首相となることを報告。  その後、ペドロ・サンチェス幹事長は新内閣を発表する。
PR


おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください