キム・トーラ新州首相が逃亡中・拘束中の閣僚候補を変更 

カタルーニャ州キム・トーラ新州首相は29日、以前に発表していた反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で国外へ逃亡中もしくはマドリードの拘置所で逮捕拘束されている閣僚候補4人を変更、憲法155条終結に向けた新閣僚候補を発表した。

変更箇所は以下の通り。
これにより、スペイン中央政府は正式にこの閣僚候補を認定する予定で、憲法155条が終結する見込み。

州首相
キム・トーラ (JxCat党 独立推進民間組織OmniumCulturalの元会長、弁護士、作家、スイスで保険営業部長を経験)

州副首相兼経済兼財務省
ペレ・アラゴネス・イ・グラシア  (ERC党 1982年生まれ(35歳) 元ERC青年部報道官)

内閣官房長官
ジョルディ・トゥルイ・イ・ネグレ  (JxCat党 次期州首相候補に任命されるも最高裁判所より逮捕拘束。 州政府元報道官兼内閣官房長官) → エルサ・アルタディ・イ・ビラ (JxCat党 元政調会長。 次期州首相候補として名が挙がっていた)

企業・知識省
エルサ・アルタディ・イ・ビラ (JxCat党 元政調会長。 次期州首相候補として名が挙がっていた) → マリア・ア・ンヘルス・チャコン・イ・フェイシャス (1968年生まれ。 自治大学で法律を学ぶ。 イグアラダ市で観光・企業・財政局長を2017年6月から務める。)

対外行動・政調・透明省
エルネスト・マラガイ・イ・ミラ (ERC党 元教育相)

内務省
ミゲル・ブッシュ・イ・モヤ (独立推進民間組織自治体・自治区カタルーニャ協会ACM前会長)

教育省
ジョセップ・バルガヨ (ERC党 2003年12月から2004年2月まで州政府教育相を務めていた)

保健省
アントニ・コミン・イ・オリベラス (ERC党 前州保健相 再選 現在ベルギーに逃亡中) → アルバ・ベルゲス・イ・ボッシュ(ERC党 1978年生まれ エラスムスの奨学生でスイスのLund大学に通っていた 前政権時、州議会のカタルーニャ州独立研究員として働いていた)

領地・持続可能省
ジョセップ・ルイ・イ・アンドレウ (PDeCAT党 前領地・持続可能相 再選 現在マドリードで逮捕拘束中)→ ダミア・カルベット(1968年生まれ。 UABでマーケティングなどを学ぶ。 INCASOLのディレクター)

文化省
ルイス・プッチ・イ・ゴルディ (PDeCAT党 前文化省 再選 現在ベルギーに逃亡中)→ ラウラ・ボラス(JxSi党 1970年生まれ。 Lletres Catalanes大学代表 文学科を中心に教鞭をとっていた。)

司法省
エステル・カペーヤ・イ・ファレ (ERC党 弁護士 ERC下院議員 最高裁判所から反乱などの嫌疑がかけられたため政治活動を停止していた)

労働社会家族問題省
チャキル・エル・オムラニ・レスファール (ERC党 バルセロナ1979年生まれ 労働組合UGT青年部元部長)

政府デジタル化・総務部
ジョルディ・プッチェネロ (PDeCAT党 情報処理技術者 2013年より州政府情報通信技術責任者を務め、独立を問う違法な住民投票が行われた10月1日のサイバー攻撃防衛主任。 最高裁判所より事情聴取を受けていた。)

農酪水産食料省
テレサ・ホルダ・イ・ロウラ (ERC党 1972年リポイ市生まれ。 バルセロナ自治大学で近代史を学ぶ。)
スペイン国立統計局(INE)は29日、2016年度の平均年収を発表、2015年から0.2%増加し23,156.34ユーロであることが分かった。

あわせて読みたい

コメントを残す