カタルーニャ州社会学研究所世論調査(CEO)発表 独立賛成48% 独立反対43.7%

カタルーニャ州政府社会学研究所(CEO)が行った世論調査の結果が発表され、独立賛成派住民が48%、反対派が43.7%だったことが分かった。

今回の調査は2018年4月7日から27日の間に、カタルーニャ州に住む18以上の住民約1,500人を対象に行われた。

州内の各県別の調査対象人数は以下の通り
バルセロナ県 1,133人
ジローナ県 137人
リェイダ県 76人
タラゴナ県 151人

各質問の結果は以下の通り。
-貴方をどのように定義しますか?
「カタルーニャに住むカタルーニャ人」 48%
「スペインに住むカタルーニャ人」 13.5%
「カタルーニャに住むスペイン人」 18.9%
「スペインに住むスペイン人」 7%
「どれでもない」 11.4%
その他 1.3%
CEO1

-カタルーニャ州とスペインとの関係に関してカタルーニャ州は・・・
「行き過ぎた自治権を得た」 6.4%
「十分な自治権を得た」 18.9%
「不十分な自治権を得た」 65.1%
その他 9.6%
CEO2

-カタルーニャ州は・・・
「スペインの一地域であるべきだ」 6.3%
「スペインの自治州であるべきだ」 24.0%
「スペイン連邦政府の一自治州であるべきだ(高度の自主権)」 22.4%
「独立国家であるべきだ」 40.8%
その他 6.6%
CEO3

-カタルーニャ州を独立国家にしたいか?
「はい」 48%
「いいえ」 43.7%
その他 8.3%
CEO4

独立機運、反対派共に横ばい

CEO2018年4月版(カタラン)

あわせて読みたい

コメントを残す