2018年4月の失業者数86,682人減 (失業保険申請ベース)4月の減少数としては過去最高

失業保険サービス(旧INEM)が2018年4月の失業保険申請ベースによる失業者数を発表。 失業者数は先月から86,682人(-2.5%)減少し、3,335,868人となったことが分かった。 昨年同月比で237,168人(-6.64%)減少。

PR



自治州別の失業者数は、アンダルシア州が813,321人で一位。 続いてカタルーニャ州が398,946人で二位。 但し、全ての自治州で失業者が減少している中、アンダルシア州が24,105人減少で減少数一位。 二位はカタルーニャ州の12,515人減少だった。 三位はマドリードで9,461人減少。

これにより、失業者数は2009年1月水準以下となり、2013年4月から170万人減少。

1996年以来4月は通例失業者が減少する月(2008年と2009年は除く)。 

職業別にみると、サービス業で57,607人減少(-2.4%)、建設業で13,913人減少(-4.5%)、農業で9,562人減少(-5.6%)、工業で7,040人減少(-2.3%)。
PR


おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください