CDRのデモ行進が20時で終了 サンツ駅に多くの参加者

カルラス・プッチダモン前州首相被告がドイツで身柄を拘束されたのを受け、カタルーニャ州独立民間組織「共和国防衛会議」CDRは27日、バルセロナ市のジョアン・ペイロー広場から18時30分頃にサンツ駅に向けデモ行進を開始、500人程から始まったデモ行進は多くの人が参加し、サンツ駅隣のパイソス・カタランス広場に集合した。
PR



これに対しモススダエスクワドロ自治州警察はサンツ駅前でデモ隊が駅に進入しないよう封鎖戦を敷いた。 男性が頭上から黄色いペンキを投げたため、警察を含む数人にペンキがかかるなどした。

このデモにより、サンツ駅を走る5番線(L5)の入り口が封鎖。 バスも115番、V5番、H10番、27番、78番、109番なども影響を受けた。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください