カルラス・プッチダモン前州首相被告がドイツで逮捕拘束

ヨーロッパプレスの報道によると25日、カルラス・プッチダモン前州首相被告の弁護士ジャウメ・アロンソ・クエビージャスが、自身の公式ツイッターで同被告がベルギーに戻るためデンマークから国境を越えたところでドイツ警察当局により逮捕されたことを明かした。
PR



また、地元メディア”エル・コンフィデンシアル”が報じたところによると、プッチデモン被告はデンマークから50キロメートルの街のドイツの街シュービーの警察署で拘束されているとのこと。 今後は、現地司法当局に身柄を移される予定とのこと。

また、ドイツ警察報道官に発表によると、カルラス・プッチダモン前州首相被告はデンマークからベルギーに渡航するため車で移動していて、デンマークの国境から約30キロメートル付近の高速道路で逮捕したとのこと。 

同被告に対する欧州逮捕状は、フィンランドに渡航していた23日にスペイン最高裁判所より発令され、ベルギー行きの航空チケットがあったことから、フィンランド警察当局は空港の警備を強化していたにもかかわらず行方が分からなくなっていた。

ドイツメディア”Focus”によると、スペイン諜報局は同被告がフィンランドからドイツに向かっていた情報をつかんでおり、ドイツ警察に情報を提供していたと報じている。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください