カルラス・プッチダモン前州首相被告の逮捕は高速道路のガソリンスタンド

Gasolinera-localidad-Schuby-Carles-Puigdemont_EDIIMA20180325_0244_20
スペイン地元エディア”El Periodico”が報じたところによると、カルラス・プッチダモン前州首相被告はデンマークとの国境付近ドイツの高速道路A7のガソリンスタンドでドイツ警察当局により身柄を拘束されたことが分かった。
PR



同メディアが報じたところによると、プッチデモン被告の逮捕は現地時間25日11時17分ごろで、デンマーク国境から約35Km地点にある高速道路A7のガソリンスタンド。 乗っていた車はベルギーナンバーのルノー社製エスパス。 警察当局によりすでにプッチダモン被告が乗車していることが分かっていた模様。 車には同被告のほか4人が乗車していたと報道されているが、誰だったかは報道されていない。

情報筋によると、今回の逮捕に関してスペイン諜報局(CNI)と共同捜査が行われていたとのことで、同被告がベルギーを出発してから逐一居場所が分かっていた状態であり、欧州逮捕状による身柄引き渡しが最も安易な場所を選定していたと報じられている。
PR



今後の捜査および被告の身柄引き渡しなどは、ドイツ検察当局が担当することが、スペイン検察当局により発表されている。

プッチダモン被告は24日金曜日、フィンランドで行われたカンファレンスに出席。 その後24日午後にヘルシンキから飛行機でブリュッセルに向かう予定であった。 しかし、24日にスペイン最高裁判所より欧州逮捕状が発布されたのち、同被告は空港に現れなかった。 車で移動してきたとみられている。

欧州逮捕状を受け、ベルギー政府はブリュッセルに逃亡中のトニ・コミン前州保健被告、マリチェル・セレット被告、ルイス・プッチ被告らの身柄引き渡しのための裁判を再度行わなければならない。
PR



今回の逮捕を受け、プッチダモン被告の担当弁護士の情報筋が、El Periodicoに語ったところによると、「ドイツで逮捕されたからと言って、スペインに素早く身柄引き渡しが行われるわけではない。 ドイツは法的な整備がしっかりしており、スペイン司法最高裁判所からのがれ、弁護するための逃亡先5か所のうちの1つである。」とのこと。

おすすめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください