最高裁判所が次期州首相候補を含む5人を再逮捕拘束へ

スペイン最高裁判所パブロ・ヤレナ裁判官は23日、次期州首相候補に指名されているジョルディ・トゥルイ被告他、ジョセップ・ルイ被告、ラウル・ロメバ被告、ドロールス・バッサ被告、カルメン・フォルカデイ被告を再逮捕、保釈金無しで拘束した。
PR


5人は23日、スペイン最高裁判所に出廷し陳述を行ったが、ヤレナ裁判官の判決文によると5人の現在までの行動に違法性が認められ、逃亡の可能性があるため拘束したとのこと。

この逮捕拘束により、明日予定されていた2回目の州首相信任議会にトゥルイ被告が出席することができない。 今のところ明日11時30分より議会が開かれる予定は変更されていない。
PR


一方、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)ナンバー2マルタ・ロビラ幹事長被告はスイスに逃亡したという情報が出ている。

この逮捕拘束に対し、バルセロナ市中心部カタルーニャ広場で多くの人々が「政治犯」の解放を呼び掛けるデモを行っている。

あわせて読みたい

コメントを残す