次期州首相候補欠席で州首相信任議会2回目が開催

独立派会派カタルーニャ共和主義左翼(ERC)ロジェール・トレント州議会議長は24日、最高裁判所により反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で再逮捕拘束されたため次期州首相候補が欠席した状態ながら、2回目の州首相信任議会を開催した。
PR


最高裁パブロ・ヤレナ裁判官は23日、トレント議長により次期州首相候補として指名されていたジョルディ・トゥルイ被告を逃亡などの恐れがあるとし、反乱・扇動・公的資金横領等約25の容疑で再逮捕拘束した。

これに対しトレント議長は24日、2回目となる州首相信任議会を開催、州議会各会派代表らに15分間の発言時間を与えた。 また、次期州首相候補不在であるため、信任投票は行われなかった。
PR


更に、カタルーニャ国民党(PPC)は議会開催前に議会を退出。

ロジェール・トレント州議会議長は信任議会の信任投票前に議会を中止、ジョルディ・トゥルイ被告が釈放されるまで待機するとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す