フランス南部のスーパーマーケットで男が立て籠もり ISのメンバーと名乗る

ヨーロッパプレスが報じたところによると23日、武装した男性がフランス南部Trébesのスーパーマーケットで複数の人質を取り立て籠もっていることが分かった。 検察当局の発表によると、男は過激派テロ組織イスラム国のメンバーであるとのこと。
PR


Franceinfoが報じたところによると、現場で複数の発砲音が聞こえたとのこと。

フランス内務省は公式ツイッターで「公式発表のみ信用するように」と、噂やフェイクニューすなどに惑わされないよう、気を付けるようにと注意を促した。

あわせて読みたい

コメントを残す