最高裁判所がジョルディ・トゥルイ被告に出廷命令 拘束の可能性も

最高裁判所パブロ・ヤレナ裁判官は21日、今週金曜日10時30分からジョルディ・トゥルイ被告他5人の被告に出廷命令を下したことが分かった。
PR


6人とも去年のカタルーニャ州で起きた一方的な独立を問う違法な住民投票や、独立宣言法可決問題などで、反乱・扇動・公的資金横領等の容疑がかかっている。

今回の出廷命令では、刑法505条に基づき拘束する必要があるかどうかの再確認を行うためのものと報道されている。
PR


出廷命令を受けたのはカルメ・フォルカディ前州議会議長、マルタ・ロビラ前幹事長、ラウル・ロメバ前州外務大臣(憲裁で禁止されている職)、ドロールス・バッサ被告、ジョセップ・ルイ被告、ジョルディ・トゥルイ前州政府報道官。

これら6人は、合計で28の嫌疑に問われている。
PR


この内ジョルディ・トゥルイ被告、ジョルディ・ルイ被告、ラウル・ロメバ被告、ドロールス・バッサ被告は、10万ユーロの保釈金を支払い保釈されているほか、カルメ・フォルカディ被告も去年11月9日に15万ユーロを支払って保釈されている。 ロビラ被告も今年2月19日に6万ユーロを支払い保釈されている。 (これら保釈金の大半はANCやOmniumCulturalから会員の寄付により拠出されている。)

このタイミングでジョルディ・トゥルイ被告が出廷命令をうけたことは、次期州首相候補として有力視されている現状を鑑みると、独立派を牽制する裁判所の戦略が見えてくる。

あわせて読みたい

コメントを残す