モバイル・ワールド・コングレス2018バルセロナ

2月26日から3月1日まで、携帯電話関連では世界最大規模のモバイル・ワールド・コングレスがバルセロナで開催される。
PR


今回のMWCは、世界200か国から10万8千人の来場者が見込まれており、その経済効果は4億7100万ユーロと試算されている。

期間中グランビア・デ・フィラ・デ・バルセロナには約2,300社(昨年と比べて1%増)が参加する予定で、人材派遣会社Adeccoによるとこの見本市により、15,000人の雇用が生まれるとのこと(前年比13.6%増)。

2006年から行われているこの見本市により、その経済効果は44億ユーロ、短期契約労働者は11万5千人にも及ぶと報じられている。
PR


また、この期間ホテルはどこも満室で、Airbnbも昨年から12.5%増の約45,000人が利用していると、ホテル協同組合は発表している。

飲食業会の組合は、この期間約2000万ユーロ~3000万ユーロの経済効果を見込んでいると発表している。

あわせて読みたい

コメントを残す