スペイン司法評議会「政治犯の存在を認める発言は、司法への重大な信用の失墜」

スペイン司法評議会(CGPJ)は24日、23日のカタルーニャ共和主義左翼(ERC)ロジェール・トレント州議会議長がスペインに政治犯および政治亡命者がいると発言したのに対し、「政治犯の存在を求める発言は、司法の機構を脅かす重大な信用の失墜で有り、法の遵守に基づいたスペインの(多民族国家としての)共存を攻撃するものである。」と批判したことが分かった。
PR


あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください