スペイン中央政府が憲法155条適用を利用しカタルーニャ州内にてスペイン語(カステジャーノ)で授業を受けることができるようにする予定と発表

プレスデジタルが報じたところによると15日、スペイン中央政府教育省が現在カタルーニャ州政府に介入できる憲法155条を利用し、カタルーニャ州政府教育省に介入し授業でスペイン語(カステジャーノ)を利用して受けることができるようにする方針であることを発表したことが分かった。
PR


スペイン中央政府教育省のマルシアル・マルティン秘書は、「敏感な問題」と指摘、憲法155条を利用してどこまでカタルーニャ州の教育に関して介入できるか調査するとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す