アルタディ(JxCAT報道官)プッチデモン被告の象徴的な州首相を否定

次期州首相候補指名に関して出口が見えない状況となっているカタルーニャ州で、象徴的な州首相をカルラス・プッチダモン被告とし、カタルーニャ州内で合法的な州首相を選出する動きがある中、エルサ・アルタディJxCAT報道官が次期州首相として候補に挙がっている。 これに対しアルタディ報道官は、プッチデモン被告の象徴的州首相として適切ではないとの考えを示したことが分かった。
PR



地元メディアARAのインタビューに答えたアルタディ報道官は「カルラス・プッチダモンが象徴的な州首相としていかなる可能性も考えられない。」と語り、カタルーニャ州内で別の州首相の選出の可能性を否定した。

同報道官によると、象徴的な州首相と実効的な州首相を選出するというBプランなどは理解不能であると語り、独立派会派のみで絶対過半数の議席を獲得していることからカルラス・プッチダモンを州首相として選出するために十分な票を得ていると語った。
PR



2月11日現在の各独立派会派の立場
JxCAT カルラス・プッチダモンを唯一の州首相として選任

ERC カルラス・プッチダモンは州首相として選出するのは難しい。 州内で州首相をとりあえず選出し、実質的な(象徴的な)州首相はカルラス・プッチダモンとする。
PR



CUP 憲法155条の適用は認めない。 今でも州首相はカルラス・プッチダモン。 もし、信任議会でカルラス・プッチダモンが候補で、再任投票をするならば、所属していたCDC党のパラウ・デ・ラ・ムシカ汚職事件に関して説明せよ。

あわせて読みたい

コメントを残す