独立派市民の一部が暴徒化 封鎖線を突破し警察と衝突

カルラス・プッチダモン前州首相被告の次期州首相信任議会開催を求めるため、カタルーニャ独立推進民間組織カタルーニャ国民会議(ANC)の呼びかけにより州議会前に集まった市民の一部が暴徒化し、モススダエスクアドロ自治州警察が鎮圧するため、暴力行為が確認された。

PR


ANCの呼びかけにより集まった市民らをコントロールするため、カタルーニャ自治州警察は州議会があるシウダデーヤ公園を封鎖。 しかし市民の一部が封鎖線を越えたり、公園の鉄格子を乗り越えるなどして多くの市民が州議会入り口前まで接近。

モススダエスクアドロ自治州警察はバリケードを敷設していたが、一部が暴徒化し警察と衝突した。

ANCは市民が警察の封鎖線を越えた時点で抗議集会の解散を呼び掛けたが、今晩州議会前で一夜を過ごす独立派市民も出てきた。
PR


その時の様子がツイッターで拡散されている。

あわせて読みたい

コメントを残す