憲法裁判所 州議会議長の訴えを退ける

スペイン憲法裁判所は30日、ロジェール・トレント州議会議長が提出したカルラス・プッチダモン前州首相被告の議員特権による信任議会出席の訴えを退けた。

PR


今までの流れ
ロジェール・トレント州議会議長 「州首相候補はカルラス・プッチダモン。」「1月30日に信任議会を行う。」

中央政府 「カルラス・プッチダモン前州首相被告の次期州首相候補指名は違憲。 1月30日の信任議会中止を求める。」

憲法裁判所 「カルラス・プッチダモン前州首相被告が欠席する信任議会の中止を命令。」

ロジェール・トレント州議会議長 「議員特権によるカルラス・プッチダモンの信任議会出席を憲法裁判所に求める。」

ロジェール・トレント州議会議長(今日) 「信任議会を延期する。 憲法裁判所の判断を待つ。」

憲法裁判所(今日特別緊急会議) 「トレント議長の訴えを退ける。」 ←今ここ

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください