スペイン国務会議「カルラス・プッチダモン前州首相被告の首相候補指名を撤回する根本的理由はない」

スペイン国務会議(Consejo de Estado)は25日、中央政府のカルラス・プッチダモン前州首相被告の次期州首相候補指名撤回を要請するために憲法裁判所に訴え出る準備を整えるための報告書を要請されたことを受け、「カルラス・プッチダモン前州首相被告の首相候補指名を撤回する根本的理由はない。」と、否定的な立場をとったことが分かった。
PR


国務会議は政府の要請を受け緊急会議を招集、16時から18時にかけて行われた会議の結果、今のところ次期州首相候補指名を撤回する根本的理由はないと結論付けた。 

国務会議は、州首相信任議会は候補者が出席しなくても行うことができ、その場合「候補者不在信任議会」となる。 この時、もし州議会執行委員会が、議会に出席していない候補者を州首相と可決し「受理」すれば、憲法裁判所に訴え出ることが可能であるとの見解を示した。
PR


つまり、いまだ起こっていない違法な事例に関して、現時点では憲法裁判所に訴え出ることができないと判断。

しかしながら、中央政府は国務会議の報告書を無視し、明日26日に憲法裁判所に訴え出る構えを示した。(速報25日現地時間20時30分頃)

あわせて読みたい

コメントを残す