次期州首相指名議会に関してプッチデモン被告が「多くの可能性がある。」と発言

カタルーニャ州議会ロジェール・トレント議長は24日、スペイン全国管区裁判所より反乱・扇動・公的資金横領・不服従などの嫌疑がかけれ、ブリュッセルに逃亡中のカルラス・プッチダモン前州首相被告と会談し、同被告は会談後記者会見で「多くの可能性がある。 理想的な州首相信任議会は、議会に(物理的に)出席することだ。」と発言したことが分かった。
PR



独立派会派ERCのロジェール・トレント議長は24日、ブリュッセルに逃亡中のカルラス・プッチダモン前州首相被告と会談するため”自費” で渡航(半独立派会派に公的資金を使用するなと指摘されたため)、次期州首相候補に指名されたことを直接伝えた。
PR



会談後の記者会見でカルラス・プッチダモン前州首相被告は「先の地方選挙における民意を反映することは、私の使命である。 中央政府はカタルーニャ州の民意を尊重するべきであり、選出された議員らが普通に議会に出席できるよう、取り計らうべきである。」などと発言、マドリードで拘束されている独立派会派議員やブリュッセルに逃亡中の議員らも議会に出席できるよう、中央政府に要請した。

あわせて読みたい

コメントを残す