カルメ・フォルカデイ州議長 議長職再任を拒否

カタルーニャ州議会カルメ・フォルカデイ州議長は11日、記者会見を開き、次期州議会議長の再任に関して辞退する意思を伝えた。
PR


独立派会派カタルーニャ共和主義左翼(ERC)から出馬したカルメ・フォルカデイ州議長は11日、記者会見を開き、噂されていた州議会議長の再任に関して辞退する意思を発表、議員職は続ける。

今後、現在不服従、反乱、扇動、公的資金横領等、多くの嫌疑がかけられていることから、議員職は続けていくものの、裁判に集中する姿勢を示した。

カルメ・フォルカデイ州議長は1955年カタルーニャ州タラゴナ県Xerta産まれ、サバデイに在住している。 バルセロナ自治大学(UAB)でコミュニケーション科学科と哲学科を習得。

2012年にカタルーニャ州独立推進民間組織”カタルーニャ国民会議”(ANC)の会長職に就任。 同年カタルーニャ州の日「ディアダ」で多くの独立運動を指揮。 2015年9月、独立合同会派JxSi党から立候補リスト第2位で出馬、州議会議長に就任する。 

フォルカディが議長職を務めていた2年間、26の法案を承認、そのうち12件は憲法裁判所により一時凍結、もしくは凍結されている。

あわせて読みたい

コメントを残す