勾留されていても州首相になれるの?外国から州首相になれるの?州首相が有罪判決を受けたらどうなるの? 気になるカタルーニャ州議会の今後

去年12月21日にカタルーニャ州で行われた地方選挙の結果、独立反対派市民党が議席数36を獲得し第一党に躍り出たものの、独立派会派”一緒にカタルーニャのために党”(JxCAT)が34議席、同じく独立派会派カタルーニャ共和主義左翼(ERC)が32議席、反資本主義・反体制を標榜する独立派会派人民統一候補(CUP)が4議席をそれぞれ獲得し、独立派会派が過半数68議席を上回る70議席を獲得、次期州首相候補が独立派会派から選出される見通しであるが、JxCAT党党首カルラス・プッチダモン前州首相被告は現在全国管区裁判所より反乱・扇動・公的資金横領等5つの容疑がかかっており、現在ブリュッセルに逃亡中。 また、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)の党首オリオル・ジュンケラス被告も反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で全国管区裁判所よりマドリードの拘置所に逮捕拘束されている。 

このような状況の中、今月17日には州議会設立会議が開催される予定で、議長や議会執行委員会などが選出され、2月初旬には州首相が選出される予定。 では、ブリュッセルに逃亡中のカルラス・プッチダモン前州首相被告は次期州首相になれるのかなど、気になるカタルーニャ州議会の今後についてまとめてみた。
PR


1.拘置所からカタルーニャ州首相になれるのか?

なれる。 容疑者として嫌疑がかけられていて逮捕拘束されていても、犯罪者として判決が下り政治活動停止などの処分を言い渡されない限り、政治活動を行う権限はスペイン国選挙制度法体第6条により保証されている。

州首相になるためには州議会での首班選出投票に参加しなければならないが、これに出席するためにはスペイン裁判所当局による一時保釈の許可を得る必要がある。

PR


2.亡命先からカタルーニャ州首相になれるのか?

なれない。 カルラス・プッチダモン前州首相被告の場合、4人の前州閣僚とベルギーに渡航することを選んだが、ブリュッセルからは州首相になることはできない。 前州首相被告は反乱・扇動・公的資金横領等の容疑で嫌疑がかけられているが、州首相となるためには、一度スペインに帰国し逮捕され、裁判所当局による一時釈放の許可を得て、首班選出投票に出席する必要がある。

3.逮捕拘束されている前州議会閣僚らは拘置所から州政府大臣職に就くことができるのか?

できる。 州首相と同じ条件であり、容疑者で逮捕、一時拘束されている状態で、政治活動を制限されていなければ大臣職に就くことが可能。 裁判所の外出許可があれば、大臣や州議員として州議会に参加することが可能。

4.容疑者は公的職務に就くことができるのか?

できる。 刑罰が決定していない容疑者の段階で、拘束されていなければ、通常通り公的な職務に就くことは可能。
PR


5.逃亡者や拘束されている容疑者の就任式出席は可能か?

可能。 逃亡している容疑者の場合、スペインに帰国しなければならない。(カルラ・プッチダモン被告の場合、逮捕拘束され裁判所当局から外出許可を得なければならない。) 一方、拘束されている容疑者も裁判所当局から外出許可を受け取ったのち、就任式出席後、再度拘束される。

6.遠距離から州議会議員として就任できるか?

できる。 カタルーニャ州議会法23条によると、州議会議員の就任は本人がいなくても任命される。 議会議員として就任するためには以下の2点のみ。 A)選挙管理委員会の証明書及びカタルーニャ州自治憲章とスペイン憲法遵守の宣誓書を州議会登録総務部に提出。 B)カタルーニャ州議会法19条に示されている通り、個人資産の公表と現在の職務及び活動内容を提出。

州議会に出席し発言などは行えるが、”投票をすることはできない。”  議席を棄権する場合、同会派立候補リスト次席がその議席を獲得する。

7.次期首相選出の期限は?

現在カタルーニャ州政府に介入しているスペイン中央政府マリアノ・ラホイ首相が発表したところによると、カタルーニャ州議会が成立する予定日は1月17日。 この日は州議会執行委員会(議会へ適切な議題を提出するための諮問などを行う)メンバー(Mesa de Parlament)の選出及び州議会議長の選出が行われる。 JxCAT党はカルメン・フォルカデイ州議会議長被告(ERC)の再任を希望。 一方ERCは議長に関する情報を発表していない。

これにより、最初の首班選出投票は1月31日となる予定で、州首相として選出されるには議会内で絶対過半数を獲得しなければならない。 この段階で首班選出が失敗すれば、2月2日に出直し投票となり、その間各会派で話し合いがもたれる。 この時、反対票より賛成票が多い単純多数決で州首相が選出される。 つまり、人民統一候補(CUP)の票がなくてもJxCAT党とERC党が州首相候補に合意していれば選出が成功する。

しかし、この段階でもまだ選出が決まらない場合2か月の猶予が与えられることになり、4月2日に2回目の首班選出投票が実施される。 この時も最大で2回の投票が行われるが、どちらも州首相選出に失敗すると自動的に出直し州選挙が決定する。 そうなった場合、今年の5月下旬から6月初旬に地方選挙が実施される予定。
PR


8.容疑者である州首相が有罪判決を受け政治活動を制限された場合はどうなるのか?

もしカタルーニャ州首相が有罪判決を受け政治活動を制限された場合、副州首相が暫定首相としてその任を受け継ぐ。 カタルーニャ州内閣法によると、一時的な代理人を立てることもできるし、政治活動を禁止され場合の後任者を立てることができる。
この場合、首班選出と同じ議会内投票が行われ、州首相選出に失敗すれば州議会選挙の開催となる。 

また、一時的な暫定首相を選ぶ際、暫定州首相候補は通例大臣から選出されることになり、もしその大臣も有罪判決を受け政治活動を制限されれば、他の大臣が暫定首相となる。 ただ、暫定首相の場合州議会の解散や大臣を解任することなどの権利は有していない。  最終的に、州首相職をだれも兼任することができなくなった場合、権力の空白が発生しないよう、中央政府が保証することになる。

一方、州議会議長が有罪判決を受け政治活動を行えなくなった場合、副議長が議長となり、新たな州議会執行委員会メンバー選出作業を行わなければならなくなる。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください