電力会社ENDESAが住所をバルセロナからマドリードに変更

ヨーロッパプレスの報道によると28日、バルセロナに本社を持つ電力供給会社ENDESAが、登記簿上の本社住所をマドリードに変更したことが分かった。
PR


同企業情報筋によると、住所変更は今月20日に行われており、変更した理由は明らかになっていない。

同企業はバルセロナ市内Vilanova de Barcelona通りに17年間本社を置いていたが、今回マドリードのRibera del Loira60番に本社を移した。

これにより、今年10月1日から12月22日までに、大手企業を中心に約3,160社がカタルーニャ州を脱出した。

あわせて読みたい

コメントを残す