ラジオ・タクシー・バルセロナが本社住所をマドリードに変更

Antena3が報じたところによると22日、ラジオ・タクシー・バルセロナが登記簿上の本社住所をバルセロナからマドリードに変更したことが分かった。
PR


21日行われた州議会選挙でカタルーニャ州分離独立派会派が絶対過半数を獲得した翌日、バルセロナに本社を持つラジオ・タクシー・バルセロナが登記簿上の本社の住所をマドリードのマドリード・バラハス・アドルフォ・スアレス国際空港から数キロ離れたソフィア通り30番に本社を移動したことが分かった。

独立運動が高まっていたカタルーニャ州では、10月1日に一方的な分離独立を問う違法な住民投票が行われ、現在までに3,100社余りの企業が本社住所や本店所在地などをカタルーニャ州外に移していた。

Antena3によると、中央政府が州政府に介入することができる憲法155条適用により、企業の流出は弱まっていたが、21日の州議会選挙で分離独立派会派が州議会内で絶対過半数を獲得したことを受け、企業の流出が再度高まる可能性があると報じている。

あわせて読みたい

コメントを残す