スペイン最高裁判所がカルラス・プッチダモン前州首相被告に対する欧州逮捕状の取り下げを決定

スペイン最高裁判所パブロ・ヤレナ裁判長は5日、ベルギー司法当局に要請したカルラス・プッチダモン前州首相被告ら5人に対する欧州逮捕状の取り下げを決定したことが分かった。
PR



これにより、ベルギー司法当局はカルラス・プッチダモン、アントニオ・コミン、ルイス・プッチ、マリチェル・セレット、クララ・ポンサティらをスペインに送還する判断、および国際的協力を行う必要がなくなった。

ヤレナ裁判長によると、欧州逮捕状の発令により複数の主観的な判断が発生したとして、被告らの矛盾した答えを避けるため一つの答えを求めるため欧州逮捕状の取り下げを決定したとのこと。 これは、欧州逮捕状により、ベルギー司法当局が枠組決定(Decision Marco)第3条から第5条を適用し、執行を部分的に拒絶する可能性があるため。

今回の取り下げによるスペイン司法に対する影響はなく、プッチダモン被告がスペイン国に入国した際、逮捕拘束される。

あわせて読みたい

コメントを残す