ロイター通信社 カタルーニャ州独立賛成派が24%にとどまると報道・・・え?

通信社大手ロイター通信は27日、地元紙エル・パイスの報道により、独立を望む同州の住民は24%であると報道した。
PR



ただ、実際は・・・・

エル・パイスが報道したところによると12月21日のカタルーニャ州議会選挙後、独立プロセスを続けていってほしいと答えたのが全体の24%だったことが分かった。

エル・パイスは27日、11月20日から22日までの期間、カタルーニャ州に住む18歳以上の成人ら約1,800人を対象にアンケートを実施、その結果「12月21日のカタルーニャ州議会選挙後、どのようなことが起こってほしいか」の問いに

スペイン国内におけるカタルーニャ州の問題の解決に至る合意を模索してほしい 71%
「一方的な独立宣言」(プロセス)による独立推進 24%
どちらでもない 4%

一方
「12月21日の州議会選挙後、何が起こると予想しますか?」との問いに

スペイン国内におけるカタルーニャ州の問題の解決に至る合意を模索してほしい 56%
「一方的な独立宣言」(プロセス)による独立推進 26%
どちらでもない 4%

という結果がでた。
PR



また、アンケート結果による各会派の支持率による議席数では

独立賛成派
カタルーニャ共和主義左翼(ERC) 39議席
ジュンツ・パル・カット党(前ジュンツ・パル・シィ党) 21議席
人民統一候補(CUP) 7議席
となり、過半数68議席のうち67議席を獲得。

反対に独立反対派(憲法遵守派)は
市民党 35議席(前回25議席)
カタルーニャ州社会労働党 19議席(前回16議席)
カタルーニャ州国民党 6議席(前回11議席)
で、60議席。

ポデモス党派は8議席(前回11議席)

支持率だけでいうと
ERC 26.5% (前回39.5%)
市民党 25.3% (前回 17.9%)
カタルーニャ州社会労働党 14.9% (前回12.7%)
ジュンツ・パル・カット党 13.6%
ポデモス党 6.7% (前回8.9%)
CUP 5.9% (前回8.2%)
国民党 5.8% (前回8.5%)

結果、独立派の支持率は46% (前回47.7%)、護憲派46%(前回39.1%)となった。

更に、カタルーニャ州首相に現在拘留されているカタルーニャ共和主義左翼(ERC)のオリオル・ジュンケラス党首が1番人気の46%。 次いでブリュッセルに滞在(逃亡)しているカルラス・プッチダモン被告が2位で43%(複数回答)という結果になった。

あわせて読みたい

コメントを残す