アムネスティ・インターナショナル「スペインに”良心の囚人”は存在しない」

スペイン現地メディアエル・パイスが報じたところによると、国際的民間人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルは、スペイン全国管区裁判所により拘留されているカタルーニャ州政府前閣僚らおよびカタルーニャ州の独立推進民間組織カタルーニャ国民会議(ANC)とOmnium Culturalの代表らを指して、政治犯でも良心の囚人でもないということを明らかにした。



報道されたところによると、アムネスティ・インターナショナルでは良心の囚人として彼らをそのように考慮する極端な理由はないとし、良心の囚人として認定しないことを明確にした。

これは、言論や思想、宗教、人種、性などを理由に不当に逮捕されたものではなく、法律を犯した政治家と民間組織の代表らという認識であるとことになる。

ANCとOmnium Culturalの代表らは全国管区裁判所により、カタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票を阻止するため9月20日と21日に行われた州政府高官の一斉摘発時に市民を扇動した容疑で一時拘留されている。 また、州政府の一部閣僚らは一方的な独立宣言による扇動、反乱、公的資金など横領(税金で違法な住民投票を強行したほか、学校などの公共施設の使用など)の容疑で拘留されている。

これに対し独立賛成派らは彼らを政治犯と呼称、中央政府から政治的思想により不当に逮捕されていると主張していた。

ソース
Amnistía Internacional rechaza que haya presos de conciencia en el ‘procés’

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年2月25日

    […] 因みに、アムネスティ・インターナショナルは、「スペインに”良心の囚人”(政治犯)は存在しない。」と昨年11月に発表している。 […]

コメントを残す