C155 パメラ・アンダーソン「スペイン政府は愚か者だ」

女優のパメラ・アンダーソンさんが自身の公式ホームページでカタルーニャ州独立派の決定する権利を擁護する発言を行ったことが分かった。
PR



アンダーソンさんはホームページで「もしきちんと制御することができるならば、それは悪いアイディアではない。 世界が終わるわけでもないし。」と語っている。

また、「独立問題は突然起こったわけではない。」とし、事態の沈静化を望みつつも「当然のことながら、カタルーニャ人(州住民)にとって正義はないと感じるでしょう。 なぜなら中央政府に多くの予算を(たしか五分の一)献上しながら、その見返りとして多くを受け取っていないのだから。」と書いている。
PR



また、「カタルーニャ州、バスク地方、ガリシア州などは独自の文化と言語を持っており、カタルーニャ州はいつも世界に向けて門戸を開け、つねに(新しいことが)始まってきた(流行、デザイン、ガウディとか)。 カタルーニャ州は欧州に一番近い。 それはバルセロナが港街であることが起因している。」「スペイン政府はこのような事態を招いた愚か者だ。」「私はカタルーニャ人と、彼らの未来を決める権利を支持する。」などと語り、スペイン政府を批判、カタルーニャ州の「決める権利」を擁護した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください