21-D カタルーニャ州選挙スケジュール

スペイン中央政府は10月27日、憲法裁判所による停止命令を無視して分離独立を問う住民投票法や司法権移譲法を可決、10月1日には再度憲裁の決定を無視して違法な住民投票を実施した。 10月9日に予定されていた州議会は憲法裁判所によって違憲判断されたため、10日に州議会を開催し「独立っぽい宣言」を行い、スペイン中央政府マリアノ・ラホイ首相は同州の自治権に介入できる憲法155条適用の準備に入る。 最終的に10月27日に州議会を開催し独立宣言法を可決し、「一方的な独立宣言」を行い、中央政府は同日上院議会で憲法155条適用を可決し、中央政府に介入できる権限を付与、28日に官報が発布され実質的に批准される。 この官報の中で中央政府は州議会解散及び閣僚、高官らを罷免し、12月21日に州議会選挙の開催を宣言した。



11月6日中央政府ラファエル・カタラ司法相は「12月21日に州議会選挙で憲法155条適用は終了する。」と発言している。 今後の州議会選挙までのスケジュールは以下の通り。

11月7日 選挙のための合同会派設立申請および地方代表者指名期限 
この日までに各会派はどの会派と共同で選挙戦に挑んでいくか決定しなければならない。 前回の州議会選挙では、緑の党やカタルーニャ共和主義左翼(ERC)、CDCが選挙用合同会派ジュンツ・パル・シィ党として出馬、合同選挙リストを作成していた。 現在のところ、独立賛成派会派は各々別々に選挙戦を行っていく模様。

11月12日~17日 候補者申請日
各会派の候補者を決定。 前回の州選挙で勝利したジュンツ・パル・シィ党はラウル・ロメバ前外務大臣が代表だった。

11月25日 官報発布
12月4日までに候補者の適正が裁判所により判断される。

12月5日 選挙キャンペーンが開始
12月19日まで。



選挙管理委員会により11月22日から26日の間に選挙監視員が抽選で選ばれる。 この抽選で選ばれた市民は、特殊な理由が無ければ拒否することはできない。
今回の州議会選挙は平日の12月21日(木曜日)に行われるため、もし当選者が労働者の場合企業は休日扱いをすることは出来ず(有給)、更に翌日金曜日には4時間の休憩時間を与えなければならない義務が発生する。

あわせて読みたい

コメントを残す