C155 ベルギー司法当局カルラス・プッチダモン前州知事と前州閣僚らを保釈

カルラス・プッチダモン前州知事および前州閣僚ら4人は5日、ベルギー司法当局の決定により保釈されたことが分かった。
PR



スペイン全国管区裁判所より裁判への出頭命令が下っていた、前州知事および前州閣僚ら4人は10月30日よりベルギーのブリュッセルに渡航していた。

これを受けスペイン全国管区裁判所ラメラ判事はベルギー司法当局に対し5人を拘束しスペインへ送還することができる欧州逮捕令状を発布していたものの、11月5日までにはベルギー司法当局はまだこれに応じるかどうかの判断を下していなかった。

しかしベルギー検察当局は、警察に5人の逮捕拘束を命令、これを受けプッチダモン前州知事は5日9時17分ごろ、検察当局本部に出頭し拘留された。

これによりベルギー司法当局は身柄の扱いに関して判断を迫られ、今後欧州逮捕状を受理するかの判断を行うまで交流を続けるかが11月5日の焦点だった。

司法当局は5人を聴取し、司法当局が欧州逮捕状に基づいてスペインへ送還するかどうか判断するまで、国外に渡航できないという条件付きで保釈を決定、パスポートを取り上げたことが、ラ・バングアルディア紙の報道により分かった。
PR



ラ・バングアルディア紙によると、検察当局情報筋は、この決定はすでに5人に通達済みで、公式発表はまだ行われていないとのこと。

司法当局は今回の件に関して3つの選択肢があった。 一つは欧州逮捕状を受理しないこと。 二つ目は欧州逮捕状を受理し5人を拘留し続けること。 三つめは条件付きで保釈しつつ、審議を続けること。 最終的に三つ目が採用されたことになる。

今回の司法当局の判断により、ベルギー司法当局はスペイン全国管区裁判所カルメン・ラメラ裁判官により発布された欧州逮捕状の審議に15日間の猶予ができたことになる。 ラ・バングアルディア紙の報道によると、ベルギー司法当局の裁判制度では、第一審裁判後(15日間)、上訴裁判(15日間)、最終裁判(15日間)となれば、この判断に最長1か月半ほどかかるとされ、中央政府が発表した12月21日のカタルーニャ州選挙まで判断が決定しない可能性がある。 さらに、プッチダモン前州首相は金曜日にこの選挙に出馬する可能性を示唆していた。 

また、プッチダモン前州知事らはブリュッセルにおける一連の司法プロセスに関し、フランス語とオランダ語を選択する権利が与えられており、全員がフランス語を理解することができるにもかかわらず、オランダ語を選択した。

この結果すべての関連文章がオランダ語で作成される予定で、事情聴取や裁判でのやり取りなどもオランダ語で行われる。 この結果、これらすべてのプロセスでオランダ語-スペイン語通訳者が介在することになった。(ラ・バングアルディア紙報道)

あわせて読みたい

コメントを残す