C155 カタラ法相「憲法155条適用は12月21日の州議会選挙を持って終了するだろう。」

スペイン中央政府ラファエル・カタラ司法相は6日、現在中央政府がカタルーニャ州政府への介入を可能とする憲法155条適用は、12月21日の州議会選挙をもって終了するだろうと発言したことが、ラ・バングアルディア紙が報じたところにより分かった。




カタラ法相は6日、Forum Europaのカンファレンスに出席しこのように語った。 法相はまた、「ベルギー司法局の決定は、スペインにおける州政府への介入と同等ではなく、前州首相の条件付き保釈の決定も、スペインとは異なる。」と発言、ベルギーの司法当局が決定するのは、カタルーニャ州前首相カルラス・プッチダモンとその他4人をスペインに送還するかどうかのみであると指摘した。

法相はさらに、欧州逮捕状による逮捕拘束送還の結末は、「良い結果」を生むとし、スペイン裁判所に出廷するだろうと指摘した。

あわせて読みたい

コメントを残す