1-O フレシネ カタルーニャ州に残留を決定

カタルーニャ州スパークリングワイン(カバ)製造社フレシネは31日、執行役員会で本社の住所を現在のサン・サドゥルニ・デ・アノイアのまま維持することを決定した。 同社が発表した。



フレシネ執行委員会は最近までカタルーニャ州の独立問題による政治的、司法的に不安定な状態にある州内から本社の住所を州外へ変更する可能性があった。

通信社EFEの報道によると、中央政府による州政府への介入による事態の鎮静化が認められ、住所を変更する可能性が少なくなったと30日に関係者が発言していたとのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す