C155 ベルギーのクリス・ペーテルス副首相「独立宣言をしたならその国の近くにいた方がいい。」

ベルギー地元メディアLe Soir.beが報じたところによると、カタルーニャ州で一方的な独立宣言を行い、スペイン検察から反乱などの罪で告訴されたカルラス・プッチダモン前州知事被告が滞在しているとされるベルギーのクリス・ペーテルス副首相が、地元ラジオRadio1(VRT)のインタビューに答え、「独立宣言をしたならその国の近くにいた方がよい」と発言したことが分かった。

報道によると、副首相は「予想はしたくないが」と言いつつも、「独立宣言をしたならその国の近くにいた方がよい」と発言。 また「我々は冷静になり、彼の声明を待つべきだ。 数時間か数日後には明らかになるだろう。」と言明した。

カルラス・プッチダモン前州知事被告は本日12時30分に何らかの声明を行うと現地メディアは報じている。

ソース
http://www.lesoir.be/122023/article/2017-10-31/kris-peeters-critique-puigdemont-quand-appelle-lindependance-reste-pres-de-son

あわせて読みたい

コメントを残す