10-O ベルギーに逃亡したプッチダモン前州知事被告 ETAの弁護士を指名

10月1日にカタルーニャ州で行われた分離独立を問う違法な住民投票の結果をもとに10月27日に「一方的な独立宣言」を行った州政府を指揮していたカルラス・プッチダモン前州知事被告は30日、自動車でフランスのマルセイユに渡航、その後飛行機でブリュッセルに飛んだ。



プッチダモン前州知事被告は現地で政治的亡命の申請を試みるも現地首相より拒否、もしくは保留されている。

プッチダモン被告は現在ブリュッセルに5人の前州政府閣僚と滞在しており、スペイン国内テロ組織バスク祖国と自由(ETA)のメンバーを弁護した経験のあるPaul Bekaertを弁護士として指名した。

現地メディアFlamenca VRTが報道したところによると、同弁護士は「ベルギー国内で彼と直接話した。 それ以上は何も言えない。」「ベルギー国内で彼の将来の利益を守るよう頼まれた。」と語ったとのこと。



また、ラ・バングアルディア紙が報じたところによると、同弁護士は「はい。 私がカルラス・プッチダモンの弁護士です。」と確認したと報道している。

同弁護士は30年間ベルギーでETAの亡命を支援しており、同組織のメンバーNatividad Jaureguiを34年の逃亡生活から守った実績があるほか、Luis Moreno、Raquel Garcíaのスペイン国への引き渡しを弁護し、拒否することに成功している。

あわせて読みたい

コメントを残す