C155 プッチデモン州知事州議会選挙せず 「憲法155条の適用回避方法を決定するのは州議会」

カタルーニャ州カルラス・プッチダモン州知事は26日、州政府庁舎で公式声明を発表、中央政府がカタルーニャ州自治権に介入することを可能とする憲法155条回避の方法を決定するのは州議会の多数決であるとし、地元メディアが報道した州議会選挙開催の可能性に関して否定した。




声明の中で州知事は「私は保証された州議会選挙開催のつもりがあった。」とし、前倒しで通常の州議会選挙を望んでいたと発表。 しかし、中央政府はこの提案を受け入れることはできないとし、通常の州議会選挙が不可能であることが確認されたとし、憲法155条の適用を回避する方法を州議会に委ねるとした。

現地ラジオRAC1が報道したところによると、明日州議会14時頃に「一方的な独立宣言」を行う可能性があるとのこと。



あわせて読みたい

コメントを残す