10-O サンティ・ビラ企業・知識長官が辞任「私の希望は対話だった」

カタルーニャ州政府サンティ・ビラ企業・知識長官は27日、州政府が州議会選挙を実施せず、中央政府との対話を行わない態度をとったということでその任を辞任したことが分かった。




ビラ長官は、プッチデモン州知事が通常の州議会選挙を行う中央政府からの保証が得られなかったとして実施を撤回したことに対し、抗議する格好で辞任を表明した。

ビラ長官は州議会議員ではないため、今のところ独立派会派の州議会内71議席(過半数以上)の数に変化はない。




ビラ長官は「辞任する。 私が目指していた対話は再度失敗した。 最後の一分までプッチデモン州知事及びカタルーニャ州住民へ役に立ったことを望む。」とツイッターで発言した。

あわせて読みたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください