カタルーニャ州内での9月の起業数が34%減 資本投資額は69.7%減

20171017-636438707096203296_20171017210219-kzeE-U432142501435tVH-992x558@LaVanguardia-Web
スペイン企業情報調査会社Informa D&B(スペイン版帝国データバンクの様な会社)の調べによると、今年9月のカタルーニャ州内での起業数が931社で、前年同月比で34%減少したことが、ヨーロッパプレスの報道により分かった。




1月から9月までのカタルーニャ州内での起業数は14,971社で、昨年同月比で14%の減少。 一方マドリードは15,533社で2%増加。 因みにカタルーニャ州、マドリード州、アンダルシア州での起業数は国内の58%を占めている。 この期間国内全体では73,538社が起業しているが、昨年同時期比で8%の減少。




また、国内全体の1月から9月までの資本投資額は39億1600万ユーロで21%減少。 特に9月は1億7400万ユーロで38%も落ち込んだ。

あわせて読みたい

コメントを残す