C155 カルラス・プッチダモン州知事上院議会に出席しない予定

_20171004210655-482-kU6G-U4317931250419g-992x558@LaVanguardia-Web-Seccion
ヨーロッパプレスの報道によると25日、カルラス・プッチダモン州知事が26日に行われる憲法155条の適用を問う合同委員会および、27日に行われる同条項の適用可決を問う上院議会に出席しない予定であることが分かった。




現在中央政府は分離独立を推し進め、違法状態になっているカタルーニャ州政府の正常化のため憲法155条の適用を決定しており、27日に行われる上院議会で投票が行われ批准されることがほぼ確実視されている中、ピオ・ガルシア・エスクデイロ上院議会議長は同州知事を合同委員会および上院議会で釈明の機会を与えていたが、ヨーロッパプレスの報道によると州政府情報筋から得た情報で、州知事はどちらにも出席しない予定であることが分かった。

同情報筋によると、中央政府は憲法155条の適用を決定しており、出席してもしなくても変わらないためとのこと。




また、州代表を送ることもしないとし、書面にて憲法155条の適用に関する抗議文を送付する見込み。

対話を望む両政府の対立は平行線をたどり、実現はほぼ絶望的。

あわせて読みたい

コメントを残す