C155 カタルーニャ州議会26日に開催 プッチ・ダモン州知事も参加 一方的な独立宣言か

ヨーロッパプレスによると23日、スペイン中央政府のカタルーニャ州自治権に介入することができるようになる憲法155条発動プロセスを開始したことを受け、カタルーニャ州政府は26日に州議会を開催することが分かった。




この州議会では憲法155条発動に対抗する措置を討論するというもので、州政府与党フンツ・パル・シィ党と人民統一候補(CUP)が30分間の声明を発表できる。

また州政府情報筋によると、今回の州議会で投票が実施される予定で、ほぼ確実に「独立」に関する法案であるとのこと。

州知事は19日にマリアノ・ラホイ首相に対し、州政府に対する抑圧を続けるならば州議会を開き10月1日行われた(違法な)独立分離を問う住民投票の結果に基づき、独立宣言を行うと発表していた。 

このため、26日に「一方的な独立宣言」が行われるかどうかが非常に注目されており、その可能性は非常に高い。




一方中央政府は27日に上院議会を開催する予定で、この議会で憲法155条を正式に発動する見通し。

一日前に「一方的な独立宣言」が行われることで、憲法155条を回避する作戦は、反資本主義、反体制、独立派のCUPより提案されていた。

あわせて読みたい

コメントを残す