10-O 10月2日から約1,200社がカタルーニャ州を脱出 今週だけでも553社が州外へ移転

スペイン登記簿管理局の情報によると、10月2日から10月19日までに本社の登記上の住所をカタルーニャ州から他の自治州に移転した企業の数が、1,185社に上ることが分かった。




特にカタルーニャ州自治権に中央政府が介入することが可能となる憲法155条適用のためのプロセスが開始された19日木曜日だけで、268社もの企業がカタルーニャ州を脱出、今週だけで553社が州外に移転した。

本社の住所を変更した企業のうち、1,060社がバルセロナ県内に存在した企業。 その後ヘローナから19社、ジェイダ県から3社、タラゴナ県から13社。(ヨーロッパプレス報道)

今週(木曜日まで)カタルーニャ州を脱出した企業の数
月曜日 68社
火曜日 105社
水曜日 112社
木曜日 268社

10月2日から19日までで、昨日木曜日(19日)が脱出した企業の数が最高となった。(268社)

一方、カタルーニャ州に移転してきた企業の数は52社。 そのうち45社はバルセロナに本社を設置している。

あわせて読みたい

コメントを残す