1-O  バルセロナ市長が公式声明を発表「一方的な独立宣言より対話を」「投票結果は独立宣言をするのに有効ではない。」


バルセロナ市長アダ・コラウは9日、バルセロナ市旗のもと、市庁舎でプッチダモン州知事とマリアノ・ラホイ首相に対し声明文を発表した。
PR



声明
「プッチダモン州知事、現在置かれている立場は簡単なものではないことを重々承知している。 あなたが筆頭であり、あなたが(独立への)プログラムを提出し、投票者への約束があることを。 私も、スペイン中央政府同様、政治的停滞を引き起こしている責任を負っていることも重々承知している。 しかし、我々は非常に例外なコンテキストの前にいる。 我々は社会の結束もカタルーニャ州の政治的機関も危険にさらすことはできない。  10月1日は、対話の道を開く機会を開けた。 (違法な住民投票は)カタルーニャ州に注目してもらい、多くの機関や人物が対話の道を開くことを支持することに役立ったが、同時に、「一方的な(独立宣言の)」政策を深めていくことを彼らは警告していることでもある。 10月1日の投票結果は、独立宣言を行うための保障とはならないが、対話の道を開き、国際的な調停の可能性を作り出した。 その架け橋を作るべきであり、それらを破壊してはいけない。」
PR



「マリアノ・ラホイ首相、あなたと私は多くの点で相違点がある。 しかし、中央政府としての責務を果たしてもらいたい。 なぜなら市民はこれ以上の緊張を望んでいないからだ。 憲法155条の適用をしないよう求める。 カタルーニャ州機関への介入を取り消し、警察の増援部隊を戻してほしい。 対話の場を開くためには、制度的正常性を回復する必要があるからだ。」

と発言した。

あわせて読みたい

コメントを残す