1-O 国家警察強制捜査後、自治州警察警官「何もできなかった・・・」 住民が慰めるため抱きしめる

本日カタルーニャ州で行われている独立を問う違法な住民投票で、様々な痛ましい映像が流れてくる中、同州高等裁判所から投票所閉鎖命令を受けている自治州警察と住民との感動的なニュースも入ってきた。

ジェイダ県の自治体Cappontにある公営初期処置病院(CAP)前で投票所を守る住民と国家警察が衝突した。

その場に居合わせた自治州警官は、国家警察が投票箱を押収し撤収したのち「何もできなかった。。。」と語り、近くにいた住民が慰めるために彼を抱きしめた。 その後、その場に居合わせた住民が次々と抱きしめた。

このほか、投票所を守るために陣取った住民を守るために自治州警察が人の壁を作った。 警官らは感極まって涙を流す場面があった。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。