1-O 中央政府警察の言い訳できない不当な残虐行為を批判 「今日起こった恥ずべきことは未来永劫まとわりつく」

カルラス・プッチダモン州知事は1日、カタルーニャ州で行われている独立を問う違法な住民投票で、中央政府警察が言い訳できない不当な残虐行為を行っているとして批判した。



1日11時15分ごろ、州知事は投票のためジローナ県の自治体サン・フリア・デ・ラミスの投票所に姿を表した。

「国外のスペインに対する評価は悪化し続けているが、今日起こった恥ずべきことは未来永劫まとわりつくだろう。」と語った。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。