投票キャンペーン終了、明日いよいよ違法な投票実施となるか? 州知事「我々は政府(からの妨害)に勝った。」投票実施に意気込み

憲法裁判所から違憲判断が下っている、10月1日にカタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票を強行する構えを見せている州政府カルレス・プッチダモン州知事は29日、これまでの中央政府からの妨害に対し抵抗し「我々は中央政府に勝った。」と語ったことが分かった。



通常、投票や選挙では実施日の前日は選挙活動や投票活動などは禁止されている。 そのため、29日が独立を問う違法な住民投票の投票活動最終日となった。

州知事はバルセロナ市内スペイン広場でキャンペーン終了の大規模な集会に出席、その中で「我々は今日、勝った。 我々は恐怖、恫喝、圧力、虚偽に打ち勝った。 我々はここでこのように(演説して)立っていることを阻止しようとした政府に勝ったのだ。」と語った。

その後、会場ではミュージシャンなどがコンサートを行うなどして場を盛り上げた。

明日はいよいよ独立を問う違法な住民投票の投票日で、中央政府はなんとしても実施を阻止する構え。

そのため、自治州警察、治安警察、国家警察を初め、自治体警察も参加して投票所の閉鎖および投票箱の撤去を行う。

これに対し独立派組織などは投票所が閉鎖されたとしても、その閉鎖された投票所の前に長蛇の列を作り、世界に独立の意思を伝えるよう呼びかけている。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. Ako より:

    よく分かって嬉しいです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。