カタルーニャ州高等裁判所がグーグルに対し違法な投票所検索アプリを削除するよう命令

カタルーニャ州高等裁判所のメルセデス・アルマス裁判官は29日、カタルーニャ州の独立を問う違法な住民投票の投票場所を検索できるアンドロイド専用アプリを削除するよう命令したことが分かった。



同裁判所が発表した判決文によると、同アプリの削除を命令したほか、Catalonia Voting Softwareの署名が付いているアプリは如何なるものであろうとブロックするように命令した。

グーグルスペイン広報担当アナイス・ペレス・フィゲーラスは、ラ・バングアルディア紙に対し、「司法当局からの命令および、違法行為である場合は、コンテンツを削除する。」と言明。 また、グーグル・バルセロナオフィスのプログラマーが数時間警察当局に拘束されたという情報に対し、「グーグルスペインの唯一のオフィスはマドリードにしかありません。」と偽情報であったと指摘。

現在、該当アプリは削除されいるが、Mosquito Laboratoriesから代替アプリが公表されている。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。